人気ブログランキング | 話題のタグを見る

まかないでビルを建てる

告知
今日 試作の
「イベリコ豚塩ユッケ フレンチ風」を出そうと思います。
まかないでビルを建てる_a0019032_1431426.jpg

今日のおすすめ
近江牛とろホルモン(通常の3倍の脂肪分を含んだ希少な部位)
まかないでビルを建てる_a0019032_14463361.jpg




先日
常連と飯を食いに言った。
まー飯といっても深夜なもんで2丁目の「クイン」に

「クイン」のママは不思議な人である

「クイン」をはじめて37年

おおよそ70歳でありながらビールをがぶ飲みする面白い
ゴットババーである。

ルーツ好きな俺は
「クイン」のルーツを聞いてみた。

当初は喫茶店からはじまったお店であったが
ママさんが無類のご飯好きということで
ママだけがご飯を食べていた。
そこで常連が
「俺も・私もわけて~」
とはじまったようだ。
喫茶店が出すナポリタンは何時しかなくなり
「団塊の世代」が集まる
定食の「クイン」になったようだ。

時代はまわり
今や私のような
「団塊Jr」が集まる店となった。

吉祥寺いせや(昭和初期からの老舗焼き鳥店)
もルーツは同じだ。
もともと精肉小売店から始まり
そこで従業員に出していた焼鳥からはじまり
天下のいせやとなった。
今や老朽化した建物は取り壊されれ立派な自社ビルとなっている。
まかないでビルを建てる_a0019032_14383483.jpg


まかない=本来すてるもの

でも原点や底辺にこそ夢があるのではないだろうか!?

私もこのお店を始めるにあたり
勉強で焼鳥横丁にある老舗「カブト」に行ったことがある。
焼鳥とうたいつつ
実際は鰻で
ノレンをくぐる新規客には店主が普通に
「うちは鰻だよー」と言う
メニューも驚きで
普通 いや今時は肉の部分 つまり蒲焼が普通だ


ここはホルモン=(すてる部位)を食べさす店

えりと呼ばれる頭の部分、せびれ・はらびれ・しっぽを集めた部分、肝、レバー、ひとくちサイズの蒲焼

正直
頭の部分は骨ばかりでけして美味いとはいえない
でも戦後、新宿が焼け野原だった話を店主から聞くとこの頭のなぞが解ける。
捨てる部分を無駄なく食べる。
当時は貧困からすべからず節約だったろうが今や原価の安い
立派なビジネスとなっているのだ。

まかないでビルを建てる_a0019032_14294187.jpg




「夢を売る」

小さい店や
やさぐれた店にも沢山の夢が転がっているものだ。

うちの店も食を売るのではなく
「夢を売る」
この志を忘れなければ立派な店になるのではないか?
と信じている。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
mixiコミュ「高庵TOKYO」参加者募集中
まかないでビルを建てる_a0019032_14422635.jpg

幻の焼酎とみそ焼鳥 高庵TOKYO
by jaguar.takahashi | 2008-02-09 14:50 | 高庵TOKYO
<< 地酒を展開 女つー動物はよー >>