人気ブログランキング | 話題のタグを見る

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO

骨董通りから閑静な住宅街に歩を進めると、白く照らし出された一軒の美しい洋館に出合う。浅い池に飛石を敷いたエントランスで目にするのは
東京都港区南青山6-5-45
電話 03-3498-4550
営業時間 12:00~22:00
定休日 月曜

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14124266.jpg






場所はわかりずらい
笑えることに
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14141798.jpg

神田うの
の5億円豪邸のまえにある隠れがレストラン
一戸建てを改造したもので母体会社がアパレルともありお洒落感がある。

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14143543.jpg

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14145668.jpg

大きな門をくぐると良く手入れされた庭を通り過ぎる。
なかでは可愛らしい女性がお迎え
大きな部屋を贅沢に使うこのレストラン
2Fに通される。

扉をあけると自社の服がディスプレーされている。
この広いフロアーにテーブル一つ
まさに贅沢
さらに時間制限はない
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_1419375.jpg
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_1419563.jpg

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14201127.jpg

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14204382.jpg


今回は7000円のコース料理
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14232276.jpg

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14233693.jpg


まずは
前菜
海老がコリコリで鮮度のよさを歯で感じる

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14243240.jpg

さらにお造り
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_1425358.jpg

天ぷら
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_1425285.jpg

たらばがに東寺蒸し


ほめてばかりではなく
ここで恒例の駄目だし
この画像をみてもわかるが
以上にタイト。。。
食いしん坊の私にはこの量は想定外・・・
全部ボリュームを必要としないが
天ぷら2点はないでしょ(キス・しいいたけ)
最低5点は必要じゃないですか?

そしてコースとはいえ出てくる時間が遅すぎる・・・・
ここまででやく60分
ボリュームがないので1分もしないで食い終わる
そいして長すぎるインターバル・・・・
そのころには
詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14324083.jpg

寝る!



詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14331385.jpg

のどくろ塩焼き

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14334921.jpg

和牛ロース麦みそ焼き

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14342646.jpg

寝る!

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14344980.jpg

きのこの炊き込みと粕汁

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14353522.jpg

寝る!

詩仙堂 AOYAMA Do STUDIO  _a0019032_14355153.jpg

デザート(柿)

味は美味しくムードもあるが
やはり
出てくる時間
が遅く
この店を利用するには体調ばっちりで望むべき

そして最後のお会計は
20790円
by jaguar.takahashi | 2005-11-04 14:37 | 食べ歩き
<< 魔王の杜氏「前村貞夫」 いざって言う時のイザ >>