人気ブログランキング |

安岡力也

安岡力也さんが亡くなった。

俺は昔から逢いたいなとか

逢えるなって気がする人に本当に逢えちゃうタイプ

これマジなんです。



きっと親父が生きてたら

「あえたんじゃねーかなーーーー」と思うんです。



この方は自分にとって伝説であり思い出の人です。

伊丹 十三の映画

「タンポポ」でナルトを顔に投げられる人です。

バラエティーでホタテの格好する人です。







違います

俺にとってはこの人






あれは10年前

ちょうど同時多発テロのときです。


俺はその夏

塀の中でした

自由を奪われ2畳半のべたべたしたところにブチ込まれたんです!

夜中に上を見ると薄汚れた壁の染みが

人の顔に見えます。

被害者の念が生きてるようです。




トイレも穴があいてるだけなんで

囚人の小便をふみます。

最後に入ったやつは

半畳のトイレ前で臭いです。




そんな環境にいました。

ふと

新入りが




俺が

地検から帰ると

看守がびびってる

「んっ」




自分の房に戻ると

そこにはのちにタイソンとよばれる大男が

胡坐かいて腕を組み

あんぐりと座ってる。

顔も貫録で絶対あっちの人である。




「兄ちゃんなにやったの???」

と聞かれる。






指定暴力団●●組の若頭であった。



経験値のある方の話は面白

俺はこの人に釘つけになった!



また俺の会話に興味を抱いてくれた。






というのもこの手のタイプ

得意





どちらかと言うと

小者

糞刑で逮捕された同居人は

相手にしなかった。






この人が先に

出所したときに約束していた

差し入れが入った。





俺たちの

2泊(48時間)は

薄いなりにも嘘ではなかった!







この若頭の会話に

登場したのが安岡力也さんであった。

この方もよく安岡力也と遊んだようだ。


イタリアンマフィアの父を持つ力也さん

若頭はよく

上の方に「力也と遊べ」と言われたそうな

俺の心にその会話が染みた

面白かった。





そりゃそうだよ

自由を奪われた31歳の青年がオナニーもできず

乾ききってるんだから




そして3カ月が過ぎた

俺はべたべたしたところでまた一つ歳をとった。





安岡力也さん

ありがとう

伝説は今も生きてます。






そして勇気を持って肝臓を移植した息子さん

御苦労さま

そして尊敬します。






俺の親父も同じ病気でした。

俺は肝臓を提供しませんでした。

提供してたら今頃

お酒が飲めず廃業でした。

色々考えましたが親父と共倒れになる可能性があり俺は提供しませんでした。

葛藤しました。

だって生きる可能性があるんだからね・・・・

同時に俺にも死ぬ可能性があるんだからね・・・・

本当に息子さん その勇気    尊敬します。





とある人間に

「俺が病気になったら肝臓くれるか?」と聞いたことがあります。

答えは

「秘密です」



力也さん

やすらかにお眠りください。




ご冥福をお祈りします。





なお

ここでの不適切な発言はフィクションです。

by jaguar.takahashi | 2012-04-10 02:58 | 個人的見解
<< バーボン 兼八の限定酒 >>