<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

珍しい・・・

不謹慎ではありますが・・・・
a0019032_16275797.jpg


なんて読むのでしょうか?

「ぎゅうちょう」さん?

ネットで調べてみると・・・
by jaguar.takahashi | 2006-10-31 16:29 | 個人的見解

荻窪健康ランド

疲れをとるため
マッサージでもと思い話題の

豊島園 庭の湯

に行こうと準備・・・

直前にダメとなる・・・・


急遽
荻窪健康ランド 湯~とぴあ

に行くことに
a0019032_9394711.jpg


露天風呂に入りリラックス!
居酒屋で黒ビールのんで
マッサージ(今時はもみ返しがこない程度なんだね 按摩とはちゃうね)
またサウナ

「あ~すっきりした」

中野坂上
「味楽亭」に久しぶりに行く

ここはママによくしてもらって
女のこ(彼女候補)を3人紹介してもらったり
気象庁おつとめのご夫婦と友達になったり・・・・


風呂に入って美味いもん食ってリラックスの休日でした。





「まっ!しこたま銭はかかるんだけどね! ふふふふっ」
by jaguar.takahashi | 2006-10-31 09:47 | 高庵TOKYO

いじめられてる子供たちへ

a0019032_11465123.jpg

あー38度も熱が・・・
最近、疲れてるせいか熱が出るんだよねー・・・・

でも残り2日を乗り切っりましょう!





子供たちの自殺が横行している・・・
多少語弊があるが
私の中学校時代の学年主任が
「自殺するやつを尊敬している」と言っていた。

何故なら自身が自殺しようとしたとき
「勇気がなくて自殺できなかったから・・・・」

と言う持論である。

確かに自殺する勇気があるのであれば乗り越えられるハードルのはず。

死ぬ気で向かう

死ぬ気で向かっていけば恐くない・痛くない・辛くない

上の画像のように死ぬきでいけば絶対に倒れない。
by jaguar.takahashi | 2006-10-30 11:58 | 高庵TOKYO

日本ハム優勝記念クーポン

本日、明日と残り2日間

20時まで入店で20%オフ

普段の飲めないチョッとリッチなお酒にも挑戦してみてはいかがでしょうか!

くじら・もぐら新酒 蘭黒麹
a0019032_10253984.jpg



ゆうちゃんは疲れがたまってるのでマッサージにでもいってきやす。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
a0019032_1023462.jpg幻の焼酎とみそ焼鳥高庵TOKYO
東京都新宿区新宿3-3-7酒井ビル2F
03-3350-8886

お陰様で二周年





@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



a0019032_10142317.jpg
クロムハーツNY

a0019032_10163998.jpg

クロムハーツCEOリチャード・スターク・クロムハーツ
a0019032_10221790.jpg

NYブロードウェイ
by jaguar.takahashi | 2006-10-30 10:22 | 高庵TOKYO

悔しいことほど忘れない。

新庄引退会見にて


記者「いままでで一番の思いでは?」


新庄:「阪神時代 オールスターファーン投票1位にしての初打席 ダレも応援してくれなかったこと・・・辛かった」



辛いことは人間忘れないものである
それをバネにするか!
腐るかはおのれしだいである。
by jaguar.takahashi | 2006-10-29 09:13 | 個人的見解

マッサージ

暇や~
金曜だというのに暇や~

朝2:00に訪れたお客様と
あまりに暇なので・・・・
カウンターの上で・・・・・

まったり七輪で野菜を焼く!

そして新入荷焼酎
麦「おこげ」で舌鼓

a0019032_17345280.jpg


さらに
「あいうえお」
店長けんちゃん登場!

ルリカケスを飲みながら
a0019032_1736168.jpg

ヘッドロック!

いやいや違う違う!
a0019032_1736495.jpg

a0019032_17373325.jpg

マッサージ!

最後はここに・・・・・・・・
by jaguar.takahashi | 2006-10-28 17:47 | 高庵TOKYO

日本ハム優勝

涙が止まらなかった。新庄がウイニングボールをつかんだ森本と1つになった。七色の紙テープが左中間の2人を包み込む。プロ17年間のすべてが終わった。弟分の左肩に顔を伏せ、新庄の号泣は止まらなかった。

 マウンド上で人さし指を突き立てたナインの輪も外野へ向かった。まさに新庄のためにあった日本シリーズ。誰よりも真っ先に二塁後方で4度、宙を舞った。

 「(強運を)持ってるわ、オレ。ほんと、この漫画みたいなストーリー。出来すぎって思いません?今後、体に気をつけたいと思います」

 涙が乾いた記者会見ではすがすがしい笑顔を浮かべて笑いを誘った。
a0019032_10423936.jpg


 前日、自打球を当てた左ひざは大きく腫れていた。1―1の6回1死三塁からセギノールの勝ち越し2ランに「凄い」と声を張り上げて稲葉と抱擁。直後の打席では二遊間の打球に全力疾走。内野安打にして両手を広げて万歳した。

 「この仲間とできなくなるという気持ちが強くて、7回くらいからボール見えなかった」

 8回、現役最後の打席。涙でボールはかすんだ。初球を見逃し。マスク越しに中日・谷繁が「泣くな、真っすぐしか投げないから」とつぶやいた。体がねじれるほど振った。こん身のフルスイングこそが、新庄が新庄である“証”だった。空振り三振。最後までらしさを失わなかった姿に、万雷の拍手は1分近く鳴りやまなかった。

 今季の新庄は一挙手一投足がまさに「遺言」だった。投手が打たれて沈痛な顔を見せれば「誰も悲しんどらんよ」、高橋や稲田ら知名度は低くとも明るい野手には「もっと素を出していけ」。かつて身近にいてほしいと感じた経験あるベテランを自ら演じ、強いきずなで結ばれた集団をつくり上げた。「(小学)2年生から34年生までやった」野球人生の劇的フィナーレ。阪神入団1年目、地元福岡・平和台で行われた2軍戦は先発落ち。出番は来たが、ネームボードはペンキが垂れて読めなかった。00年オフ、FAでメジャー最低保証額の年俸20万ドルでメッツ入り。夢を追い、海を渡ってまで足りなかったものを積み上げた。

 17歳の時に7000円で購入したグラブを今まで使い続けてきた。踏まれて破れ、相手につかみかかったこともある。阪神のマークと当時の背番号「63」が縫い込まれた黒ずんだグラブは、補修と毎日の手入れを繰り返し守備力が生命線の新庄を支え続けた。そのグラブ、大腿部に腰、アキレス腱と満身創いの体を休ませる時がきた。日米野球を辞退、アジアシリーズにも出場しない。ヒルマン監督は「これ以上一緒にプレーできないのは残念。でも最高の形でグラウンドを去っていける」と別れを惜しんだ。

 4万2030の観衆、そしてブラウン管越しに日本中のファンが背番号1の雄姿を脳裏に焼き付けた。

 「きょうが最高の思い出になります。背番号1?ひちょりにつけてもらいたい。僕の気持ちはそうです」

 通算打率・254は平凡かもしれない。でも“凡人”とは対極にいたプロ人生17年間。あの時と同じように、スコアボードの名前がにじんで見えたのは涙のせい。永遠に色あせることのない強烈な記憶を残して、新庄が野球人生の幕を引いた。
(スポーツ日本)
by jaguar.takahashi | 2006-10-27 10:42 | 高庵TOKYO

オブジェ(芸術は爆発だ!をこえた爆発)

わざわざお客様が差し入れの
しし唐を届けてくれた。

うちの芸術家兼バーテンダーが
「写真とっていいですかー」

彼の芸術家としての炎がメラメラと・・・

オーナー完成しました!「これが作品です」
by jaguar.takahashi | 2006-10-27 10:27 | 高庵TOKYO

本音!

人間本当のことは一回しか言わないらしい・・・



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
幻の焼酎とみそ焼鳥高庵TOKYO
東京都新宿区新宿3-3-7酒井ビル2F
03-3350-8886

お陰様で二周年
by jaguar.takahashi | 2006-10-26 12:04 | 高庵TOKYO

大手!

今日勝てば
日本ハムの優勝が決まる!
新庄の奇跡!が見れる!
見たい!


今朝の新聞をみると落合監督強気の発言!
(勝負師なら当然だが)

かえってよかったんじゃないの。
その気になってくれるのでは。
余裕こいてたところもあったから、ちょうどいい。
開き直る?
何で開き直らないといけないの。
現実に、あと三つ勝てばいいこと。
(朝日新聞抜粋)





俺は個人的に落合さんは嫌いじゃない!
巨人にいたときも感動をもらったし!
奥さんも嫌いじゃない!
ただ息子は嫌い!
(息子さんこのブログみることないだろうケド・・・イジメと思わないでね!)
きっと世間にもまれて精悍な男の顔になったら印象もかわるだろうね!
今、お母さんの隣にいる君はボンボンオーラしか出てないんだよ・・・・下げ下げなんだよ・・・



そんなことより
このブログ記事を思い出した。
やんちゃだった選手時代に一人の男の人生を変えたようだ。

真実はわからないが今回の言動でこの記事のことが頭に過ぎったので・・・

by jaguar.takahashi | 2006-10-26 11:19 | 高庵TOKYO