退院おめでとう!金玉復活祭&2号店正式発表祭

今日

自宅で飯食ってたら

「ピンポーン♪」

郵便局員が

「速達でーす」

きた!

公庫からの結果が



封筒をあける

俺の

俺のやってきた

積み上げてきたものの

世間が付けた通信簿



思えば

テストの成績は散々

勉強にやる気が見出せなかった俺

ただ

理科と社会は好きだった。

あとボクシング

これは面白い


久しぶりの成績発表



答えは

「100点だった」

俺が求めた希望額

全額融資が決まった。

これで俺が頭で描く

絵がすべて完全に形にできる。



本当に頑張ったと俺で俺を評価し

「よく我慢した」と自分で自分をたたえたい

が融資がきまれば次に返済が来る。

俺がこければ

保証人がこける

保証人がこければ

先祖の土地がとられる

また新しい戦いが始まる。



でも今日ぐらいは余韻にしたらせろ

一人で昔を振り返り

熱くさせろ

思えばカードもつくれず苦虫かみつぶし

銀行からは相手にされない

君津の山のふもとで育った田舎の兄ちゃんが

ボクシングの夢打ち砕かれて

今、大都会新宿で生き残れた

たいしてパッとしなくてもそれなりの生活水準と39歳まで死なずにこれた。

結果だせた。

俺が成功すれば親父もあちらで自慢できる。

絶対成功する

そんな気持ちで今回も望みたい

西新宿に住む妖怪たち相手に

少々時間は掛かるが3丁目だって最初は苦労した。

一からまた積み上げるしかない



今回の立役者はやはり母親だ

よくやった!

『俺の自慢だ!』



そしていつも俺を支えてくれるスタッフ

この誰にも負けない精神力

『俺の自慢だ!』



そしていつも何も言わず

飲ませてくれるお客様

なにもしなくていい♪

ただ ただ飲んでくれ

よく働き よく稼ぎ よく飲む

『俺の自慢だ!』



死んだからもー会話できないけど

「生んでくれてありがとう」も死んでも言わないけど

『俺の自慢だ!』





親や友人の評価でなく

国(公庫)が認めてくれた俺の社会的信用

少しは大人になったと報告したい
a0019032_2115439.jpg

【1月オープン予定 (仮)油屋黒松鳴龍の間】
東京都新宿区西新宿1-19-11 4F
by jaguar.takahashi | 2009-10-22 21:18 | 高庵TOKYO
<< 巨人 愛しき金玉 入退院編 >>