セミリタイヤ・プロジェクト@おの家編

おの家さんという

おこぜ・ふぐ・とうふを中心とした老舗

お父さんの代からですと40年と言う歴史のある

本格和食のお店さんにお邪魔しました。

今回のプロジェクトの旅先案内人でもあります。


まず知らないと入りづらい雑居ビルの中にあります。
a0019032_1239949.jpg
a0019032_12391841.jpg

オーナさんに案内されノレンをくぐると
a0019032_12402410.jpg


正面にカウンター
18:00
すでに常連さんがいます。
そこにはこだわりの焼酎

赤兎馬や兼八などもあります。
大きい冷蔵庫にはオーナー自ら厳選した日本酒

だってヒレ酒を久保田の千寿でだすこだわりようです。
東京では価格があわないのでありません。

右に座敷
左手には小宴会用の小上がりがあります。

私はそこに座りました。

まず先付けがすごい
すべて自家製
ホヤの干物
なめみその自家製のトビウオのなめろう
a0019032_12462899.jpg
a0019032_12463741.jpg

やばい!

ビールをグビリといき

次は
a0019032_1247897.jpg

a0019032_12472061.jpg

ふぐ刺し

ふぐ刺しってさばいてすぐ食べるのではなく
仕込んでから3日 熟成させるのが旨いとのこと

ようは腐る直前が一番旨いとのことです。

今回はその熟成の品
このふぐ刺しに
あわせはやっぱ先ほどふれた

究極の千寿のヒレ酒
しかもヒレは自家製です。
a0019032_12502798.jpg

贅沢に3枚入ってます。

おまかせでいただいてる次の食事は
a0019032_12511770.jpg

自家製の笹かまぼこ
自家製の豆腐が二種

そこからメインであります
刺身の盛合わせドーン!
カレー刺し二種
贅沢でボリームのある自家製のかつおのタタキ
ジャコ刺し
地元で取れたタコ
これがまた旨い!半透明で臭みが一切無い

そこに超気持ちが高揚する
棘付きの雲丹

東京でたべたら財布が軽くなります。
a0019032_12543621.jpg
a0019032_1254473.jpg


もーもーお腹が満たされてきました。

酒は日本酒を冷で

残念ながら酔って銘柄忘れましたが
最後の十四代は覚えてます。

全国レベルで黒龍に次ぐ
もっとも入手困難な銘酒です。

グビリ!

箸休めは

巨大な北海道産のアサリのお吸い物
a0019032_1301120.jpg

a0019032_1303092.jpg

珍品として

鮫の心臓刺し
酢味噌で食べるんだけど
全然臭みがなくて旨い!
つかまた食べたくなる 

のん兵にはたまらない!


完全に満腹!

おっとオーナさんに事前にメールでおさえておいた

「ふぐの白子」

これを忘れちゃいけない

おおきな白子を炭火で炙りする。

熱々で食べるのがいい!
a0019032_1335086.jpg


オーナーさんや奥さんと談笑しながら

その場で削ってくれた
削り節
a0019032_1353074.jpg


トラックの運転手から

お父さんの道を譲り受け

一時は低迷した店をぐるなびなどを駆使してみごと成功をなしたげたお店です。

通常は奥様と2人で

忙しいときは娘さんがいます。

*巷ではグラビアアイドルの●○千夏に似てるとの噂

今度は娘さんにも会いたい


アットホームなこだわり和食をリーズナブルで

俺は推定片手ぐらいの予算を想像してたが

破格の値段で

この贅沢を堪能したのは言うまでも無い。
by jaguar.takahashi | 2009-06-25 13:11 | 高庵TOKYO
<< セミリタイヤ・プロジェクト@志津川編 セミリタイヤ・プロジェクト@仙台1 >>