東京初代彫心プロデュース「彫心の間」オープン

昨日、高庵TOKYOの人気和風個室がリニューアルOPENいたしました。

経緯
私は前からmixiと言うSNSをやってるのですが
そのSNSで
ひょんなことから
和彫り 刺青彫り師さんと知り合いました。

その日記のおもしろいこと おもしろいこと♪

刺青100人で温泉に行った話
など普通の人が遭遇しない話が多い
さらに絵文字がてんこ盛り

毎日、日記を観覧させていただいてるわけです。

そこでずーと前から彫心さんの和の絵をみて

これはすばらしいと思うわけです。

刺青=ヤクザの象徴ということでなく 芸術として私はみなしてます。(デザイン性重視のものは別)

なぜかと言うと すべて刺青画には意味(メッセージがあるのです)

若者のタトゥーが悪いとは言いませんが 歴史の重みが違うんです。

まーそんな薀蓄は後にして

みてください。
a0019032_14211584.jpg

a0019032_14213926.jpg

絵に徐々に魂が入ります。
a0019032_14222620.jpg

a0019032_14224916.jpg


すごいでしょ!
写真じゃうまく伝わらないので 飲みきちゃいなよ!


本当の小話

うちの中居(チーフ)
残業で閉店してから8:00まで店で待機
疲労と酒でおかしくなったのか。。。

彫心さんが絵を描いてる途中 停電。。。
矢も得ず ロウソクの灯りで。。。
という段取り
そでに準備万端ということだったので
遅れること10分 ゆうちゃん到着

でロウソクはー?と聞くと。。。。

出てきたのが これ。。。
a0019032_14314940.jpg

バースデー用。。。

まままさか 本気。。。

彼はこれだけ置いて 帰るのであった(笑うしかない。。。)

a0019032_1433278.jpg

さっそく常連が個室をみにきた
カウンターが空いてるのにわざわざ個室使用(笑)


朝までみんなで(常連)飲む
ものすごい霊的とも言えるパワーを感じる
油断するとこのパワーに負ける
上手く表現するなら
常に見られてる感じ 
1人で飲んでても4人で飲んでる感じがする



俺はこの個室を
「彫心の間」
(ほりしんのま)と名づけた
a0019032_14443656.jpg


今日から本格OPEN

予約はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都新宿区新宿3-3-7酒井ビル2F
03-3350-8886

幻の焼酎とみそ焼鳥 高庵TOKYO
by jaguar.takahashi | 2007-06-07 14:53 | 高庵TOKYO
<< 酒ときどき下ネタ 京都ねぎ焼き >>