やっと見つけた究極梅酒

樽麦梅酒 閻魔の梅酒12度4年熟成(麦樽熟成原酒漬け) 老松酒蔵




【老松酒造とは】
大分県と福岡県境の近く、九州山地の美しい山々に囲まれた日田は、かつて江戸幕府の天領でした・そのため年貢の負担が軽いこともあり、九州の小京都といわれるほど独特の豊かな文化や産業が育った地方として知られています。
この日田地方にある老松酒造の創業は、、寛政元年(1789)と古く、現当主で11代目となる歴史ある蔵元です。初代は創業当時、日田地方にある松の老木がある老松神社の泉より湧き出る清浄な水が酒造りに適していたので、酒造りを始めました。こらが老松酒造の名の由来であり、九州での純米酒出荷量№1と言われる「山水」の誕生なのです。
その後、1970年より粕取焼酎の樽熟成、また遠赤外線による熟成、原材料の選別、蒸留方法及び冷却濾過当の技術、樽の積み替え等さまざまな組み合わせのテストを行い、深みのある落ち着いた熟成焼酎を譲し続けるようになり、この中より生まれたのが麦「麹屋伝兵衛」「閻魔」と、米「懐古浪漫」そして「熟成X」なのです。
閻魔同等の樫樽熟成の3年(41度前後)樫樽麦原酒に地元の大山町産の南高梅を1年間つけたものが「閻魔の梅酒」なのです。

【閻魔の梅酒(一村一品の発祥の地大分の大山町で育った日本一の梅酒を閻魔同等の樫樽熟成の麦焼酎(3年熟成)に漬け込んでみました。)とは】

閻魔同等の樫樽熟成の3年(41度前後)樫樽麦原酒に、一村一品の発祥の地の大分県は大山町で大事に大事に育て上げられた良質の梅を1年間漬け込みました。
1年間の間に麦樽熟成梅酒は、多少度数が落ちてしまいます。その原酒を日田の最良の井戸水で割り水して12度に調整して瓶詰めしています。
地元の南高梅と麦樫樽熟成の味わいがマッチしたまろやかな梅酒です。コップに氷を1つだけ入れて、御飲み下さい。まろやかな梅の香りと麦・樽熟成の優しい香りが皆様の喉を潤せます。これからの季節、閻魔の梅酒(麦樽熟成原酒使用)が皆様のお供として最善の梅酒と思われます。限定品ですので、早い目に(高庵にて)ご賞味ください。


a0019032_9272390.jpg

a0019032_9282927.gif



昨晩
梅酒をテェイスティング
正直 梅酒は表現しにくい
みな同じようだからだ!

ただこの梅酒
すげ~「こんな甘くない梅酒があるのか」

最近 甘さ控えめは
たたあるがこんな端麗な梅酒はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
a0019032_9323179.gif東京都新宿区新宿3-3-7酒井ビル2F
03-3350-8886

幻の焼酎とみそ焼鳥 高庵TOKYO

by jaguar.takahashi | 2007-02-02 09:33 | 高庵TOKYO
<< 日比谷花壇 母親失格 >>